暮らし楽しむ花生活〜HOME

結婚式プランの「花」基礎知識

お花屋さんのウラ話満載!
花生活コンテンツ 花の贈り物・マナーとコツ 花を楽しむ・暮らしを楽しむ 花を育てる・花との生活 花嫁になる〜失敗しない結婚式 花を学ぶ〜花の資格と学校の選び方 花をあたえる〜花の仕事に就くには 花のQ&A〜花の疑問にお答えします!
【花嫁になる】TOPへ
メニュー終わり

◆学校の授業でのご利用 ありがとうございます! 幼稚園・保育園〜保護者・お子さん向け講座・ワークについてはこちらをご覧ください

■お問い合わせ■

ご感想・やってみたよ!報告・お花に関する質問もどうぞ^^
・メールフォーム または
love@blumeleben.com まで

ここからもひとこと送れます! 

スーパー束で買える季節のお花の飾り方メルマガもあります^^
旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&お花豆知識
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
花アレンジ動画を見てみる
■ サイト内検索 ■
AND OR
マーク
質問募集!

ご感想・やってみたよ!報告・お花に関する質問もどうぞ^^
・メールフォーム または
love@blumeleben.com まで

メールが恥ずかしいアナタはこちらからドウゾ 

*メール・質問に関する詳細はこちら

質問コーナー終わり
 
HOME花嫁になる>会場装花の基礎知識

プランの「装花」って何のこと?

どこまでプランに含まれる? | メインテーブル(高砂) | ゲストテーブル(卓上花)


 
 
 

花マークブライダルフェアに行く前に知っておこう!

ブライダルフェアに行くと、これぞ夢の世界!!
と思わんばかりにたくさんの花々でキレイに飾られています。

入り口もキレイに飾られ、ドアの上には花のアーチがあったり
ケーキももちろんキレイに花で彩られ、会場中花であふれんばかり。

結婚式の花

そして、ウキウキで見積もりをしてもらうと、「装花代」も込みでいくら、
と出てきます。

『お花も入っているのね!』

・・・と、あなたは思います。

 

そりゃそうです、だって「装花代」って書いてあるもの。
普通、そう思います。

でも、ここで気をつけなきゃいけません!

あなたの見た「装花」とその「装花代」の花は、
『違う』ということに!!

ページ先頭へもどる

 

花マークじゃあ、プランの花は一体どこまで??

『だって、見本が出てて、「装花代」って書いてあるじゃない!』

・・・と思うでしょ?

でも、残念ながら、それらの花はほとんどがオプションなんです。

基本的に、「装花代」に含まれているのは、
「メインテーブル(高砂花)」 と 「ゲストテーブル(卓上花)」
のみです。

結婚式プラン内の花

それ以外の、入り口やらドアやらケーキやら・・・
というのは基本的に別料金です。
(会場によってはケーキは含まれることもあります)
チャペルの装飾なんかも、普通は別料金です。


さらに!
ブライダルフェアで飾られている花の内容そのもの(種類やボリューム)も、
最高ランクのものです。
見積もりは、当然ですが最低ランクの金額です。
見たままの「メインテーブル」 と 「ゲストテーブル」 の花の種類やボリュームを想像していると、後で痛い目に遭います!

展示されている見本ではバラやユリがふんだんに入っていても、見積もりされている金額ではバラもユリも入らない、ということがほとんどです。
 
見積もりに載っている花が実際にはどんなものなのか、何が含まれるのかフェアのときにきちんと聞いた上で会場を決めたほうが得策です。

 

『ちょっと待って!
そもそも、「メインテーブル」とか「ゲストテーブル」とか
「そのほか」 とかって、 何のこと!?
どーいうものなのかさっぱり分からないんだけど?』

そりゃそうですね、普段生活しててそんなこと聞かないですからね。
では、その「結婚式の装飾の花」の中身を、少し説明していきますね!

 

ページ先頭へもどる

 
 

花マークメインテーブル(高砂・たかさご)

メインテーブルの花

新郎新婦の座るテーブルに飾る花のこと。
(新郎新婦とゲストのテーブルが別れている、一般的な披露宴のスタイルの場合)

この写真のはちょっと変わったタイプになりますが、
新郎新婦の座るテーブルに飾る花、ならどんなものでもこう呼びます。

一般的に、街の花屋さんで2〜3万くらいから。
結婚式場やホテルではもっと高くなります。
もちろん、テーブルの大きさによるので、お仲人さんがいる場合といない場合では違ってきます。
お仲人さんがいる場合はテーブルの大きさが倍になるので、お値段も4〜5万くらいから。
逆に、小さなレストランで花も小さくていい、という場合は1万円くらいでできることも。

基本的には主役ふたり(場合によって+仲人)のテーブルの花のことだけをさします。
テーブルの後ろの壁とか、テーブルの両脇に飾る花などは通常別料金です。
が、ケーキまわりの装飾込みで3万円〜という場合もあります。
要は、花屋さんや式場によってまちまち。
だから、何が含まれるのかを必ず確認しましょう!

 

ページ先頭へもどる

 
 

花マークゲストテーブル(卓上花・たくじょうか)

メインのふたり、に大して、ゲストの座る席に飾るのがゲストテーブル用の装花。
基本的には、テーブルの真ん中に、食事の皿の邪魔にならないようなものを置きます。

 

*丸テーブル(円卓)の例

円卓の花

*角テーブルの例

角テーブルの花・持ち帰り用

*長テーブルの例(主に会食用:新郎新婦とゲストが同じテーブルに座る等)

長卓の花
 

1テーブルに対して、1つのアレンジメントを置くのが一般的ですが
最近は、ゲストの人数分、や女性のゲストの分、などに分けて、披露宴の後で持ち帰りして頂けるように、小さな花束やミニアレンジを、テーブルの中心にディスプレイする、という方法も人気です。

上の写真では、2つめの角テーブルの例が、小さなアレンジを組み立てたもの。
小さい花束を投げ入れにしたりするタイプもあります。 ↓一例↓

持ち帰り用花束タイプ
 

ただ、1卓につきアレンジ1つ、の場合よりも割高になるので予算には余裕を持って。

めやすとしては、1卓が通常 \3,000〜の場合、1卓につきアレンジ3個にする場合は1卓 \5,000〜くらいになると考えたほうがいいでしょう。

1卓1つのタイプでも、持って帰れるように作ってもらうことは可能です。(持ち帰れる人数は減りますが・・・)
予算と相談して、小分けにするかどうか決めましょう。

 

また、キャンドルサービスをしたい場合は必ず申し出て!
基本的には、この卓上花の中にキャンドルをセットしておくことが多いです。
(申し出ない場合はキャンドルはつきません!)
披露宴の会場にまず申し出て、会場側で用意してくれるのか、花屋さんに依頼するのかを確認したうえで
花屋さんに依頼するよう言われた場合は必ず花屋さんに言いましょう。
キャンドルをつける場合は、キャンドルの代金がプラスになります。

 

ここまでが、通常プランに含まれる 「装花」 になります。

次は、他の装飾花にどんなものがあるのかをお話しますね!



 
ブーケの本を信じるな!1つ前のコンテンツへ次のコンテンツへまだまだある!結婚式の花


Copyright (C) 2006-2012. 花*生活 本多るみ All Rights Reserved. 
このホームページの内容(文章・画像)を無断で転載・複写することを禁じます。