暮らし楽しむ花生活〜HOME

花はとっても簡単!決まりなんてありません

お花屋さんのウラ話満載!
花生活コンテンツ 花の贈り物・マナーとコツ 花を楽しむ・暮らしを楽しむ 花を育てる・花との生活 花嫁になる〜失敗しない結婚式 花を学ぶ〜花の資格と学校の選び方 花をあたえる〜花の仕事に就くには 花のQ&A〜花の疑問にお答えします!
【花を楽しむ】トップへ
メニュー終わり

◆学校の授業でのご利用 ありがとうございます! 幼稚園・保育園〜保護者・お子さん向け講座・ワークについてはこちらをご覧ください

■お問い合わせ■

ご感想・やってみたよ!報告・お花に関する質問もどうぞ^^
・メールフォーム または
love@blumeleben.com まで

ここからもひとこと送れます! 

スーパー束で買える季節のお花の飾り方メルマガもあります^^
旬の花を気軽に楽しむ「3分アレンジ」&お花豆知識
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
花アレンジ動画を見てみる
■ サイト内検索 ■
AND OR
マーク
 
 
HOME花を楽しむ>花生活・基本の考え

「偉い人」なんて気にしない!

 
 

花マーク「偉い人」が敷居を上げている!?

お花屋さんには 
「生け花やアレンジの先生」 も多々いらっしゃいます。
また、そうした先生に 「習っている生徒さん」 も、いらっしゃいますし。
活けこみに行けば、そのお店のオーナーのような「目の肥えたお金持ち」もいらっしゃいます。

もちろん、人それぞれではありますが、
このような人たちの中には、
花をただ 「キレイ」 と見ることのできない人が 少なからずいます。

 

「あなたはどこの流派?」
「どこのお弟子さんかしら?」
という話しかできない人 ・・・ 「独学です」というと鼻で笑われます。

「これはこうじゃくちゃいけないの」
「先生の言うとおりにしなきゃダメなの」
と、花をガチガチの基準でしか選べない人 ・・・
 
どのようなことかというと、たとえば・・・
 
チューリップは毎日茎が伸びて、曲がって、
ガバッと開く花なんですが
それが許せなくて 「伸びない・花が開かないように」
傷をつけたり針金を通さないと気が済まなかったりとか。
こういう方には、自然に枝垂れて、
お日さまに向かってぱーっと開いたチューリップは 「ダメ」 なので
お店にそのような花が並んでいると、「イヤ」なのですね。
 
このような方の場合、もしあなたがチューリップを飾っていると
それだけであなたにも、文句を言うかもしれない、ということです。

 

あなたが、お花をちょっと飾りたいな、と思ってお店に行ったり
お花を始めて、いいなと思って誰かに話したりしたときに
こういう風に、「点数」をつけたがる人が、出てきてしまうかもしれません。
どこかで出会ってしまうことになるでしょう。

そんなことがあったとき、
「やっぱり、自分なんかが花をさわるなんてムリなんだ」 とか
「花を飾るなんて、自分には出すぎたマネなんだ」 とか

思わないでほしいのです。

 

もう一度言います。

「花なんて、難しくてとても」
「お金ないから、花なんて飾れないわ」

なんて思う必要は、カケラもありません!

 

花は、自然界に咲いているものであって、どうやって飾ろうが、飾る人の自由です。
 
見知らぬ人が あなたが気に入った花や
あなたが 飾った花に 点数をつけたり文句をつけるって・・・
 
客観的に考えたら「おかしい」ですよね?
あなたがその人に そんなことをされるいわれは ないですよね?
 
あなたが このような 言いがかりを 気に咎める必要はありません。

あなたが、 「いいな。きれいだな」 と思って
一輪でもいい、部屋に飾って、大事にいとおしんだら、それだけでいい。
花はあなたにやすらぎをくれるでしょう。

花は誰にも点数をつけられようとはしてません。

花に何を感じて、どう飾ろうが、それはあなたの自由です。

どんな花を飾っても良い、
どんな葉っぱを飾っても良い!
雑草だってOK!>▽<b

っていうか、もとはみんな 野の花=雑草 です!

そしてその あなたが気に入った植物を 
どこに飾っても(お風呂はちょっと厳しいですが^^;)
それはあなたの自由です。
 
あなたなりに、花を 「いいな」 と思えばそれでいいのです。

 

「偉い先生に習っていないから」 とか、
「たくさんお金をかけられないから」 とかで
あなたに点数をつけ、あなたを見下したがる

そんな人にもし出会っても、
惑わされることはありません!
もったいないです!

そんな 「偉い人」の言うことなんて、聞き流しちゃいましょう!

ページ先頭へもどる

 
 

花マーク「花のある暮らし」は敷居が高い?

「これじゃなきゃいけない」 
なんていう飾り方も買い方もありませんが
「花に長く咲いてもらうための方法」 はあります。

なるべく長く楽しめれば、お花にかかる金額も少なくてすみますし
お花も喜ぶのではないでしょうか?

お花は、正しくお手入れすれば、冬季は1〜2週間。
夏でも5〜7日は楽しめます!

これから、
あなたが気に入ったお花を できるだけ長く楽しむための
「実際に花屋さんがやっているお手入れ方法」
をお伝えしていきますね!

まず、はじめに・・・
お花を家に飾って楽しむのに、
実際どのくらい お金がかかるとお思いですか??

1ヶ月、いくらくらいあったらできると思います?

ちょっとスクール案内をめくると、材料費が1回あたり3,000円、5,000円・・・
こんなに毎週出したら月2万円以上かかってしまいます ><
 
ふむふむ、花雑誌には最近 「1,000円アレンジ」 とかも載ってますね。
これなら、月5,000円。
ちょっとは身近になってきました。

でもね、もっとカンタンにお花は飾れます!^m^

 

花マーク月0円から! 〜2,000円までで楽しむ花生活

1本売りで2〜3本買う・・・
花屋さんがコーディネイトしてくれている束を買う・・・
この場合、1回につき300〜500円くらいでしょう。
 
前回に買った葉っぱものがまだ元気!なら、
花だけ買い換えればいいですから 100円ですむかもしれません。
 
家に何か木や草があって、花や葉っぱものを収穫できるなら、
1円すらもかからないかもしれません。
ええ、「0円」だって、できるんですよ!>▽<b
   っていうか、ちょっと前までは みんな 0円で飾ってましたよね?^^*

1ヶ月につき、お花屋さんで買ってきても 2000円。
鉢植えなどから切って飾るなら 500円くらいで、
じゅうぶんに、「お花のあるくらし」を満喫できます!

どうですか?
このくらいなら、できそうじゃありませんか?

では、「花のある暮らし」を始めるために、何からそろえたらいいか?
次は、具体的に 「花飾り」 に使う道具を説明しますね!

お役に立ったら一言! 


【花を楽しむ】TOPへ1つ前のコンテンツへ次のコンテンツへハサミ1丁あればいい!


Copyright (C) 2006-2012. 花*生活 本多るみ All Rights Reserved. 
このホームページの内容(文章・画像)を無断で転載・複写することを禁じます。