暮らし楽しむ花生活〜HOME

Blumeleben〜花*生活 コンセプト

お花屋さんのウラ話満載!
花生活コンテンツ 花の贈り物・マナーとコツ 花を楽しむ・暮らしを楽しむ 花を育てる・花との生活 花嫁になる〜失敗しない結婚式 花を学ぶ〜花の資格と学校の選び方 花をあたえる〜花の仕事に就くには 花のQ&A〜花の疑問にお答えします!
■花*生活と本多るみについて■
メニュー終わり
■お問い合わせ■

ご感想・やってみたよ!報告・お花に関する質問もどうぞ^^

・メールフォーム または
love@blumeleben.com まで

メールが恥ずかしいアナタはこちらからドウゾ 

花アレンジ動画を見てみる
■ サイト内検索 ■
AND OR
マーク
HOME>コンセプト

なぜ、「花*生活」を作ったか?

「花のはなし」がムズかしい理由だから、あなたに伝えたいお花業界のかたへ

お花の「ほんとの話」がない!

「お花って、わからない」
「お花って、むずかしい」

お花屋さんに来るひとの多くが、そう口にします。
実際、花屋の仕事をはじめるまで、わたしも、よくわかりませんでした。

お花の本はいっぱいあるし、TV番組だってある。
お教室もいっぱいあるし、いまはサイトもたくさんある。
これらの 「お花の情報」 は、だいたい次のどれかにあてはまります。

  • 園芸や庭づくりのくわしい解説
  • じぶんの庭の花観察日記
  • 花屋さん・農家さん用の業界ばなし
  • 花屋さんのネットショップ
  • 花ショップや花サイトのリンク集

どれも、お花に詳しい人なら、見れば楽しいものです。

でも、 「お花に詳しい人なら」 なんですよね。

こうした本やサイトって、「お花のことは知っているもの」 として書かれているんです。
「花の育て方なんて、知ってるでしょ」
「花の種類なんて、知ってるでしょ」
「どんな時に何がいいかくらい、知ってるでしょ」
・・・そういう風に、なってしまっているんです。
 
あなたが「知らない」ということを、「知らない」人が書いているんです。
だから、いきなりむずかしい話からはじまります。
そうすると、はじめて見た人には、ちんぷんかんぷんですよね。

じゃあ、 「お花って、いいな、知ってみたいな、やってみたいな」
って思うひとは、どうすればいいの??

じつは、 「ゼロからはじめよう!」 
と思う人のための情報が、ほとんどない。
それが 「お花」 の世界です。
いまどき、ちょっと珍しいですよね。

金融だって不動産だって、自分で情報を見て、自分で選ぶ時代なのに。

なんで、こういうことになっているのか?
わたしはこんなふうに考えています。
 
 

ページ先頭へもどる

だからムズかしい話ばかりになった

お花って、いま、誰もかれもが接しているわけじゃないですよね。
でも、ちょっと前、わたしたちの祖父母はどうだったかなあ?
と考えると・・・

ちょっと前まで、家庭で野菜を育ててたとか、
床の間に庭の花を飾っていたなんて、あたりまえでした。

でね、家庭で花を育てたり活けたりするときに、デザインがどうとか、
できるだけキレイで大きい花や実をつけさせる技術がどうとかって
ふつうは、考えないでしょ?

すくなくとも、わたしの祖母は、てきとーにほったらかしで咲いた庭の花を
てきとーに飾ってました。
だってそんな事、家で楽しむぶんには全然、まったく、必要ないもん。

 
 

じゃあ、誰がそういう細かいデザインとか技術とかを考えるか?
デザインは、いけばなやフラワーアレンジの先生・花屋さんですよね。
細かい育て方の技術は、農家さんや、菊花展・ラン展とかに出品したい!
っていうような熱心な愛好家さん。

こういう人たちが、自分の技術をひろめたいな、って思うと、本を出したりするんですが、このときにね、
「花をさわった事のない人向け」 には書かないんですよね。

自分と同じようにいろいろやっていて、さらなる向上を目指しているような人に向けて、書いてるんですよねー。
だから、専門用語や基本の育て方などは「知っている」という前提で書かれてしまっているんです。
 
結局 「本を出す人」 って、こういうプロかセミプロ級の人なんですよ。
なもんだから、そもそも 「花の本」 って、専門書が多いんです。
だから、「初心者向け」と書いてあってもこの「前提」が変わらないことが多い。

あなたも、 「はじめての〜」 「今日からはじめる〜」
みたいな題名の本で、 「?????」 になったことありませんか?

これね、ちっとも 「はじめて」 向けじゃないんです^^;
「○○するには、△△を××して・・・(←専門用語の山)」
・・・どこがだ!! みたいな。

 
 

どうしてプロの人たちは基本を書いてくれないんでしょう?
 
 
誰もが家庭で植物と触れ合っていた頃は、
基本の「さわりかた」 や 「水のやり方」 なんて、
わざわざ教える必要がなかったんです。 みんな知ってたから。

ところが、核家族化して、マンション・アパート暮らしがあたりまえになって、
植物を育てなくなった。 育てなくなったから、飾らなくなった。
だから、そのこどもたちは花を見ない、さわらない。
だから、むかしは「当然」だったことを、 「知らない」。
そういう時代になったんです。

でも、お教室の先生とか、花屋さん、農家さん、愛好家さんたちは、
むかしのままのスタンスでやってしまってるんじゃないかな、と思うんです。

「さわったことがない人がいる」 ことに気づいていない。

「知ってて当然」 「基本は知ってるもの」 として、
応用ばかりが情報として発信されているんです。
もちろん、その内容はすばらしいものだけど、でも、それでは
ごく一部の 「プロかセミプロ」 の人たちにしか伝わらない。

 

花の形がどうとか、花つきがどうとか
デザインがどうのこうのなんて
フラワーデザイナーでも農家でもないあなたには、
はっきり言ってまったく必要のないことです。

 

あなたが知りたいのは、
「前提」にされてしまっている部分ではないですか?
そんなデザインとか難しい技術じゃなくて、
『ふだん花とどうやって接したらいいか』
ではないですか?

でも、こうした本には、あなたの知りたいことが書かれていない。
ちんぷんかんぷんな難しいことばかり。
だから、あなたは誤解してしまいます。

 

『初心者向けの本が分からないから、わたしにはムリなんだわ!』
『こういう難しいことができないと、花は触れないのね』

そうして、 『花っていいな』 と思っているにもかかわらず、
花と接することができなくなってしまう。

 

なんて、もったいない!
そんな事なんか、を楽しむのにはいらないのに!!

 

ほんとに 「はじめて」 向けの分かりやすい本もちゃんとあるんです。
でも、本屋さんでいっしょくたに並べられてしまうので、さっぱり見分けがつきません。
ふつう、専門書と一般向けって一緒には並ばないものですが
お花の場合は、なぜか一緒になってしまっています。
まあ、愛好家が多いからかもしれませんが、これでは困って当然です。
 
「はじめて」 の人にその中身の違いを見分けるなんてムリですよね^^;
ああ、「ふつうの人向け」 の本を、教えてあげたい!
情報が氾濫しすぎてる、これでは選べないじゃないか!
どこにも「選びかた」がないじゃないか!
いつからか強くそう思うようになりました。

もっと、「ふつうの人のいつもの生活」 に必要なことを、伝えたい!
伝えなくちゃいけない!!

 
お店でいろいろ相談を受けるたび、情報を発信したいと思いながら、
思い続けているのに、忙しすぎてなにもできないまま、約10年が過ぎました。

そして、過労とストレスで発病・・・退職しました。
 
 

ページ先頭へもどる

 

Blumeleben〜花*生活 からあなたに。

身体を壊す、という、良いのか悪いのか?なきっかけではあるけれど、
いまこうして、情報を発信する機会を得ることができました。

このサイトは、花の写真やリンクを並べるサイトではありません。
フラワーアレンジや園芸のこまかい技術のことも、扱わないつもりです。

花屋さん検索や園芸情報は、専門的なサイトさんがたくさんありますので、そちらで見てもらえれば良いと思っています。
 
あなたが、そうした 「専門的な情報」 を読み取れるように、お手伝いをさせていただきたいのです。
 
 

Blumeleben は、
お花をはじめてさわるあなた
『花っていいな…』 と思いながら、手を出せずにいたあなた
『花なんて飾れるほどリッチじゃない』 と思っているあなた

そんなあなたに、
実は、はもっとカンタンなんだ!
と知ってもらいたくて作りました。
 

ギフトは、お花のマナーやお店の選びかたから。
切り花は、お金がなくてもできるという話から。
ガーデニングは、細かい事なんて覚えなくていいという話から。

よく見るお花の本やサイトでは
なかなか教えてくれない基本を説明していきます。
基本がわかれば、花は難しくありません。

難しい部分だけを見るから、難しい。
Blumeleben を見れば、基本がわかるようになる!
だから、その次に、本や専門のサイトさんを見てください。

もちろん、「基本」だけじゃなく、暮らしに便利な情報はどんどん!
をまだ知らないあなたも、花博士になれるくらい
ガンガンに、出し惜しみなしでお伝えします!
 

このサイトが、
あなたのとの橋渡し・最初の1歩になりますように。
それが Blumeleben のコンセプトです。
 

          → わたし 「るみ」 のプロフィールはこちら
 

============================================
★お金も時間もいらない!毎日の「おうち花」実況中継ブログ↓

============================================
★無料ビデオ講座! もっと簡単!「花を飾る・育てる」↓

簡単花アレンジ・育て方基礎編
3分フラワーアレンジメールマガジン

============================================
★次は 「自分で花を選ぶコツ&お花屋さん級15分アレンジ」 ↓↓

12か月おうち花マスター講座

 

Blumeleben は、がんばる花屋さんを応援します!

このサイトでは、「お客さま」の視点で、お花や、花屋さんの選び方などを
お話ししています。

いままで花屋や業界の人間しか知らなかったことを、ひろく伝えることに
反論のある方もいらっしゃると思います。

ですが、このサイトはお花屋さんのためにもなると思っています。
 

を飾ることや贈ること・育てることを、 
「簡単にできる楽しいこと」 だと気づいてもらえたら、
みんなもっと花を手に取ってくれる。

それは、こころから 「花のある暮らしのよさを伝えたい、届けたい」
と願う花屋さんにとって、とても喜ばしいことのはずです。
 

インターネットでもカンタンに花を買える時代になりましたが、
あまりにも実際の店舗もネットショップも多すぎて、
選び方を知ることのできないお客さまは混乱しています。

大きそうなショップだから安心、ということはありません。
サイトがキレイだから安心、ということもありません。
でも、選ぶ基準がわかならいとつい、キレイそう、大きそうで判断してしまいがちです。

そうして、わからないまま買った花でいやな思いをして
2度と花を買ってくれない、そんな悲しいことが増えてほしくないのです。
 

小さくたって、必死でがんばっている花屋さんがたくさんあります。
いまは小さなお店でも、ネットで全国のお客さまにアピールできますが
サイトを持っていない花屋さんもたくさんあるでしょう。
お花はできれば、
地元の街を歩いて、その目で確かめたお花屋さんで
お店の人とお話しながら買ってほしいのです。

街を歩いて、お花屋さんを見て歩いてほしいのです。
そうして、がんばっているお店を発見してほしいのです。
あなたががんばっていることを、見つけてほしい。

小さなお花屋さんは、なかなか情報発信できません。
がんばっていればがんばっているほど、お店の日々の業務で1日が終わってしまいます。
寝る間も無いくらい働いても、情報発信する時間がありません。
それはわたし自身が、よ〜〜くわかっています。

このサイトは、そんなお花屋さんのお手伝いができると思っています。
がんばっているあなたのお店を、きっと誰かが見つけてくれる。
それを願って、そんなお花屋さんの選びかたを公開しています。

「お客さまが、花やお店をえらぶ目を養ったら、困る!」
と、もしそんな風に思うなら、
自分のお店が『選ばれない店』であると、わかっておられるからでしょう。
でしたら、『選ばれるお店』に、ぜひなってください!

 

「花はほんとうに良いもの。 ひとを幸福にできるすばらしいもの」
と知ってもらうためには、花の品質も、技術者の腕前も、
そして心遣いも、良くなくてはなりません。

ひとがいいお店、いい技術者をえらびたいのは自然なことです。
花はただでさえ、生活必需品ではない。嗜好品です。
だからこそ尚更、お客さまにこころから喜んでもらえるよう努めるのが、
業界の人間の使命だと思います。

情報をオープンにして、選んでいただく時代です。
オープンにすることで、良い店を選んでもらうことで、
その影で消える店が出るのも事実でしょう。
ですが、わたしは、良い店が知られずに消えていく事の方が
ずっともったいないと思うのです。
花はいいものだと、知られない事のほうがずっと悲しいと思うのです。

多くの人が花についての知識を得ることで、
提供する側の意識も高まって、業界そのものがより良いものになるように
なったらいいと願っています。

*お花屋さんになりたい方・お花屋さん向けの
 お店運営・仕事のコツのコンテンツも書いております。
 以下↓↓ ご興味がありましたら どうぞご覧ください^^


本多るみの運営サイト

3分フラワーアレンジ  お花屋さんになるには  結婚式で後悔しないためのアドバイス How To 結婚式

おさんぽ花育  お花屋さんになるには 



Copyright (C) 2006-2012. 花*生活 本多るみ All Rights Reserved. 
このホームページの内容(文章・画像)を無断で転載・複写することを禁じます。